2018年10月31日

あったか応援センター(ボランティアセンター)の近況C

福祉体験学習「音訳体験」

9月に福祉体験学習の一環として、
八本松小学校3年生児童を対象に音訳体験が行われました。

IMG_5873.JPG
今回、音訳サークル「声の本棚 つぼみ」さんが講師をして下さいました。
どうもありがとうございましたハートたち(複数ハート)


音訳というのは、音読と違って目の不自由な方に声で分かりやすく説明する事をいいます。


IMG_5903.JPG
寸劇を交えたりと児童さん達に親しみやすく教えて下さいました。



IMG_5924.JPG
声のみで相手に分かりやすくお伝えする為に、絵や図や写真は色、形等を詳しくご説明しますひらめき


IMG_5913.JPG
児童さん達も音訳挑戦中exclamation


今回初めて音訳体験に触れたのですが、
色や形、長さ、向き等普段見えていて気にする事が無かった事柄まで目の不自由な方にとっては正確に詳しくお伝えする重要性を知りました。

IMG_6002.JPG
よく通る美しい声が印象的exclamation×2


福祉体験学習は、障がいを持っておられる方、身体の不自由な方の気持ちを知ってもらいたくて行っている部分が大きいです。

福祉体験学習で車いすがうまく押せなくていい、アイマスクをして怖い思いをしていい、高齢者疑似体験をしてうまく歩けなくていい。
その思い、気持ちがそのまま当事者の気持ちです。
その事を知ってほしくて私達社協は日々みなさんのもとへ出向いております。


IMG_5961.JPG


「声の本棚 つぼみ」さん、八本松小学校3年生児童のみなさん、先生方、
どうもありがとうございましたハートたち(複数ハート)



posted by 東広島市社協 at 16:16| 企画福祉課スタッフより

2018年10月29日

ボランティアさん達と資機材の返却をしてきました!

お世話になっております。
総務課 スタッフです。

10月26日(金)

災害ボランティアさんと共に広島県社協からお借りしていた資機材を高屋町造賀にあるストックヤードへ返却してきました!

何百とあるスコップ、他資機材を総合福祉センターでトラックに積み込み積み込み
数を確認しながらまずはトラックへ(-_-;)
※たくさんの数の為、ボランティアさんにトラックの協力をお願いしています※
ブログ用写真.JPG

一通り積み終えた後
皆で造賀へ!安全運転!

DSC_0450.jpg
他市町の社協からも戻ってくることを考えて、まずは置くスペースづくりを行い・・・
DSC_0215.JPG


あとはひたすら資機材を降ろしました!!
ブログ用ストックヤード状態.JPG
スコップや一輪車は重いのは想像できるんですが、
軍手等も段ボールいっぱいになると重いですよね・・・。(苦)
DSC_0213.JPG
しかしながら、
ボランティアさんのおかげで予定よりも早く終了することができました!
ご協力ありがとうございました!
DSC_0218.JPG
活動後に撮影!活動に専念しすぎて、運んでいる写真があまり撮れていませんでした(汗)



 ※ストックヤードとは※
山陽自動車道西条インターチェンジから約10分のところ、広島県のほぼ中央
にあたる高屋町造賀に「災害用資機材ストックヤード」があります。
 地域の方でも、「大きな倉庫が出来たのは知ってるが、中に何が入っている
のかは知らない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 これは、広島県社協が設置したストックヤードで、倉庫の中には、
1,000本を超える数のスコップをはじめ、クワ、一輪車、てみ、バケツ、土の
うスタンドなど、災害時のボランティア活動に欠かせない資機材が保管されて
います。
 県内で災害が発生した時はもちろん、必要な場合は、全国各地の災害ボラン
ティアセンターに送られることになっており、今年の7月豪雨災害では、県内の
各市町で活用されました。また、過去には九州北部豪雨災害で大きな被害を受けた
福岡県(東峰村)と大分県(中津市)でも活用されました。
 このようなストックヤードを社協が設置しているのは全国でも珍しく、普段
の管理を東広島市社協が行っています。 
posted by 東広島市社協 at 11:30| 総務課スタッフより