2019年05月30日

西志和小学校アイマスク体験に行ってきました!

志和地域担当の豊島ですわーい(嬉しい顔)
西志和小学校でアイマスク体験をしていきました眼鏡

IMG_1529.JPG
福祉体験当日は、志和地区の民生委員さん4名の方にご協力いただきました。

IMG_4956.JPG
児童はアイマスクを着けて校内を歩く体験exclamation民生委員さんには声かけの仕方を教えてもらったり、子どもたちがころばないように見守っていただきましたかわいいかわいい

IMG_4963.JPG

民生委員さんご協力もあり、子どもたちも目の不自由な方へのお手伝いの仕方についてしっかりと体験学習ができましたわーい(嬉しい顔)
志和地区の民生委員の皆さま、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

posted by 東広島市社協 at 13:40| 地域福祉課スタッフより

葵の園・東広島さんと御薗宇小学校で福祉体験!

御薗宇小学校の3年生に車いす体験をしてもらいました!
IMG_1562.JPG
葵の園・東広島さんと西条地域の民生委員さんに協力していただき、
生徒のみなさんも楽しそうに体験されていました。
葵の園・東広島さんからは、介護とリハビリのプロにもきていただきました。
生徒の皆さんの心をつかんでおられ、笑い声が絶えなかったです。
IMG_1566.JPG
民生委員さんに見守ってもらいながら体育館の外も車いすで移動してもらいました。
体験は午前中だけでしたが、「午後からの授業も車いすの体験がいい!」と言ってくれた生徒さんもいました。
IMG_1654.JPG
最後に、御薗宇小学校の先生方、私たちの訪問を歓迎してくださりありがとうございました!
また、朝早くから車いすのコースを用意していただき、本当にご苦労さまでした。
IMG_1632.JPG

IMG_1580.JPG

posted by 東広島市社協 at 00:00| 企画福祉課スタッフより

2019年05月29日

西志和小学校でアイマスク体験を実施

西志和小学校3年生の福祉体験学習に行ってきました。
IMG_4938.JPG
皆さん真剣に聞いてくれてます。
点字ブロックのことや、盲導犬のことを知っている生徒もいて感心しました。
IMG_4955.JPG
実際にアイマスクをつけての体験には志和地域の民生委員さんにも協力してもらいました。
相手の気持ちになって声をかけることの大切さを生徒に教えてくださいました。
IMG_1540.JPG
職員が話した内容をきれいに黒板にまとめてくださった先生にも感謝です!
posted by 東広島市社協 at 00:00| 企画福祉課スタッフより

2019年05月22日

志和地域サロンへ訪問しました!

今年度から志和地域の担当になりました豊島です。
先日、志和の地域サロン「いんのサロン」と「四つ葉のクローバー」に行ってきましたわーい(嬉しい顔)


いんのサロン.jpg
いんのサロンの皆さんかわいい
おしゃべりと折り紙を楽しんだ後に参加者みんなでおにぎりを作りましたるんるん
参加者の中には「サロンに行ってみんなとおしゃべりすることで前よりも元気になって食欲が出た」と言われていましたひらめき


四つ葉のクローバー.jpg
四つ葉のクローバーの皆さんかわいい
当日はなんとご夫婦でサロンに参加!ペアを組んで夫婦仲良くコミュニケーション麻雀を楽しみましたクラブ
ゲームを通して普段の夫婦の様子が分かってとてもおもしろかったですわーい(嬉しい顔)


それぞれのサロンに特徴があり、私自身とても楽しい時間をいただきました!
志和地域には約30か所地域サロンがあります。これからも、いろいろなサロンに参加して交流を深めていきたいと思いますexclamation







posted by 東広島市社協 at 10:27| 地域福祉課スタッフより

2019年05月21日

「ようこそしゃきょうへ!お気軽にお入りください。」


お久しぶりです。社協豊栄支所のマッチです。

さて、この写真は社協の窓口なのですが、以前と変わったところがあります。

何処でしょう。


@ 事務所の中に歓談スペースが出来た。

A ウェルカムボードが出来た。

B 事務所にときめきの魔法がかけられた。


IMG_0107.JPG

答えはぜひ、ご自身でお確かめください。(正解は全てです。)


スタッフの「地域の方に気軽に事務所に来てもらい、話せるスペースがあるといいね。」という声から、みんなで協力して、書類を片付け、机を移動して、素敵な交流スペースが出来ました。


すると、地域の皆さんからも「明るくなって、テーブルも出来てとってもいいわ。入りやすいように看板があるともっといいと思う。」と嬉しい反響が。


そこで、スタッフから「パソコンだと堅苦しくなってしまうから、筆のほうが良いよね。」ということで、早速、デイサービスの利用者さんにお願いし、書いて頂きました。すらすら〜と流れるように筆を走らせておられました。



IMG_0108.JPG

日々人と出会い、一緒に過ごしていく中で、相手の良いところを発見し、その人の魅力を輝かせることは大切だなと感じました。


アイデアを形にし、そのために周りの人を巻き込んでいくこと、一緒に考え協力すること、縁の下の力持ちであること、個性はいろいろですが、みんながつながれば、大きな力になると思います。


「このウェルカムボードを見たい!」と思ったそこのあなた。お気軽に遊びに来てくださいね。待ってま−す。

続きを読む
posted by 東広島市社協 at 13:35| 豊栄支所スタッフより

助け合いゲーム「吉川げんき塾」で実施しました(八本松)


先日、西条で実施した「助け合い体験ゲーム」
今回は、八本松の「吉川げんき塾」で実施しました。

「吉川げんき塾」は”通いの場”として体操や健康づくりなどを”毎週”実施しています晴れ

皆さん、顔見知りなので、
「これは〇〇さんが得意じゃろー」と話が盛り上がりましたよ猫
IMG_1206.JPG

今回もみなさん大変盛り上がりました演劇
IMG_1219.JPG

ゲームを通して
「難しい事でなく、本当に”ちょっとしたお手伝い”が大切」
という事を学んでいただけたと思います。

それでは手(パー)
posted by 東広島市社協 at 11:33| 地域福祉課スタッフより

2019年05月17日

「元気にいちさんすい」!(西条北)

こんにちは、地域福祉課スタッフです目



先日、東西条地区住民自治協議会 福祉部会さん主催のサロン「元気にいちさんすい」に参加させていただきましたぴかぴか(新しい)


今年度の4月より、毎月第1・3水曜日の10:00から、「看護小規模多機能型 居宅介護きさか」さんの
地域連携室にて、同所協力のもと、開催されています!


前半はうたごえの講師の方指導の下、慣れ親しんだ「手のひらを太陽に」から、初めて聞くドイツ民謡まで
さまざまな歌を楽しみましたるんるん

006.JPG



後半は、サンひまわり居宅介護支援事業所の主任介護支援専門員である木村さんと小原さんに
「介護保険について」というテーマで、健康講座をしていただきました!

015.JPG

皆さん資料にメモをとりながら、講座を受けられており、質問の声も多数上がり、
私もとても勉強になりましたぴかぴか(新しい)ひらめき





posted by 東広島市社協 at 19:33| 地域福祉課スタッフより

〜すまいるはぁとセミナー茶話会〜

続いて総務課スタッフからの投稿です。
ブログの内容が被っています。(汗)

喫茶店ボランティアの話の後の茶話会に参加させていただきました喫茶店
DSC05028.JPG
昨年7月豪雨災害の話が主となりました。
災害当時の避難の難しさ、
災害後の気持ちの変化等
それぞれの立場での実体験など貴重な話を聴かせていただきましたぴかぴか(新しい)

災害の前後問わず
自分達に何が出来るか?平常時に何をすべきか
今後も地域の皆さんと一緒に学んでいきたいと思います。
今後もよろしくお願いします。あせあせ(飛び散る汗)









続きを読む
posted by 東広島市社協 at 18:28| 総務課スタッフより

生活支援員さんの委嘱状交付式&研修会を開催しました!

平成31年度の「福祉サービス利用援助事業かけはし」「生活あんしんサポート事業」生活支援員委嘱状交付式&研修会を開催しました!
IMG_1087.JPG

かけはしやあんしんサポートを利用される方は、判断能力や身体機能の低下がありお手伝いが必要な状況ですが、皆さん「住み慣れた地域で安心して暮らしていきたい」という思いを抱かれています。
その気持ちを支えてくださっている一員が“生活支援員さん”です!!
IMG_1106.JPG
日常的な金銭管理のお手伝いだけでなく、身近な相談相手としても活躍されています!

研修会では、生活支援員さんが日々活動する中で抱かれている疑問や悩みを相談し合うグループディスカッションを行い、今後の活動のヒントを見つけ合いました!
IMG_1116.JPG

生活支援員の皆さん、これからもよろしくお願いします!!
posted by 東広島市社協 at 17:51| 地域福祉課スタッフより

すまいるはぁとセミナー


すまいるはぁとセミナーでボランティアセンターの話をさせていただきました!

 今回のセミナーでは、通常のボランティアセンターの話だけでなく、昨年度の豪雨災害での
ボランティアセンターが果たした役割や機能についての話を通じて「ボランティア」について
みなさんと考えさせていただきました。
 災害ボランティア活動というと、みなさん土砂撤去作業等の力仕事のイメージを強く持たれて
いますが、災害ボランティアセンターでは、小学生のボランティアさんも来られ、土砂撤去から
帰られた方に冷たいおしぼりや、お水をお渡しするお手伝いをされている様子を紹介しました。
このように「自分で出来る範囲でのお手伝い」も大きな力となっています。

 ボランティアセンターでは、ボランティアを必要とされてる方と、ボランティア活動をしたい方と
をつなげるお手伝いをしております。
 毎月発行している「ボランティア情報」もご確認ください。
DSC04959.JPG
posted by 東広島市社協 at 15:27| 企画福祉課スタッフより