2021年01月19日

地域共生社会の実現に向けて・・・

 こんにちは。
 黒瀬支所のアイです。

 先日、第4次地域福祉活動計画の策定に向けたワーキング会議を行いました。
 策定メンバーは、地域福祉部門に加え、総務、企画、個別支援の各部門の代表職員です。

 次期、社協の活動計画として何を柱に事業を推進していくか。
 どこに力を入れて取り組むのか。など、
 各圏域の現状のアセスメントから課題や気づき等の意見出しをしました。

 まだまだ協議は始まったばかりですが、しっかり考えていきたいと思います。

 DSC_2382.JPG
posted by 東広島市社協 at 13:05| 黒瀬支所スタッフより

生活支援センターより 〜新年のお便り〜

新年、あけましておめでとうございますわーい(嬉しい顔)
2021年となった今も、コロナウイルスが猛威をふるっていますね。
一刻も早く、終息してほしいものです。
さて、今回も「笑〜る〜む通信」の特集です!
昨年も、寒さに負けず、野菜の収穫やストローを使ったリース作りなどの活動をしていますよグッド(上向き矢印)
生活支援センター職員一同、2021年も牛のようにどっしりとかまえて、モ〜烈に頑張っていきたいと思います手(グー)手(グー)手(グー)
posted by 東広島市社協 at 10:04| 地域福祉課スタッフより

板城ホットサロンで「助け合い体験ゲーム」を実施しました!

こんにちは晴れ

1月12日に板城地域センターで開催されている板城ホットサロンで
「助け合い体験ゲーム」を実施しました!

85歳の自分を想定して、その時に困りそうなこと、できなくなりそうなことが書かれたカードを
選び、発表してもらいます。

IMG_5600.JPG

「お墓の掃除」や「家具の移動」、「包丁とぎ」など今は普通にできていても
5年後…10年後…と考えると難しくなりそうなことが沢山ありました。

選ばれたカードは、他の参加者が「助けるよー!」「これなら得意ですよ」
と受け取ってくださりました手(パー)

IMG_5610.JPG

「ちょっとした困りごとほど他の人には頼みにくい」「些細な事なんだけれども
こんな事お願いしても良いのだろうか…」そんな風に感じておられる方もいらっしゃると
思います。

そんな時にご近所で、地域の中で、ちょっと助け合える関係が
できたら良いなと感じてもらえたのではないかと思います目

地域で活動することは、運動やコミュニケーションを自然と行うことになり、
認知症予防や自分の心身の健康にも繋がります!

助け合い活動は地域のためでもあり、自分のためでもありますひらめき

IMG_5607.JPG

助け合い体験ゲームを通して「実は5年間アメリカに住んでいたんです」
という話を聞くこともでき、新しい発見もありましたぴかぴか(新しい)

新年1回目のサロンに声をかけていただきありがとうございました!

posted by 東広島市社協 at 09:13| 地域福祉課スタッフより