2022年08月09日

キレイになった河内駅舎☆

河内支所 toku ですわーい(嬉しい顔) 

 8月8日(月)に、更生保護女性会さんの声掛けで、河内駅舎の清掃作業が実施されました。
 平成30(2018)年に無人駅となって現在に至りますが、蜘蛛の巣や埃で覆われた河内駅。
きれいな河内駅を取り戻そうと、約40名の方が参加され、きれいによみがえりました。
小さなお子さんの姿も見られ、暑い中草採りや窓拭きなどに汗をかいていました。
 『長いこと河内駅を利用したんで』と懐かしむ声や、『何か月かに1回の割合で継続的な清掃
活動をしたらどうかね』と、前向きな声も聞こえてきました。

P1030826.JPG P1030833.JPG P1030824.JPG
                     ▲挨拶されるyou愛sunこうち    ▲お子さんの参加も
                        会長の横山 英樹さん
P1030835.JPG   P1030849.JPG
                                 ▲清掃終了後の河内駅舎

 平成16(2004)年までは一日平均乗車人数が1,000人を超えていましたが、令和2(2020)年
には345人にまで落ち込みました。(平成17年に、広島県立河内高等学校は、商業科・生活文化科・
食物調理科の募集を停止し、普通科単独校となりました。)
 明治27(1894)年に開業した長い歴史の中で、様々な人を見つめてきた河内駅をこれからも守って
いける活動が広がればいいなと思いました。
posted by 東広島市社協 at 13:07| 河内支所スタッフより