2022年09月29日

バリアフリー教室を行いました!【高屋東小学校 バスを活用したバリアフリー学習】


こんにちは!企画福祉課スタッフです手(パー)

高屋東小学校3年生を対象に、国土交通省中国運輸局バリアフリー推進課、芸陽バス株式会社、高屋町の民生委員児童委員さんと一緒に、バスを活用したバリアフリー教室を行いましたバスバス


まずは、中国運輸局バリアフリー推進課の職員さんに身近なまちのバリアフリーについて、クイズ形式でお話してもらいました!児童の皆さんも積極的に発表していて、これまで学習したことがしっかり身についていますねぴかぴか(新しい)

IMG_3917.JPG


芸陽バス職員さんから、まちに住む皆が安心してバスを利用するために、1人ひとりが気を付けるポイントについて説明してもらいましたわーい(嬉しい顔)
「皆がお互いに助け合いながら生活できるよう、1人ひとりが心のバリアフリーを大切にして、できることを行動に移すことが大切」と話されていたことがとても印象に残りました黒ハート

IMG_3961.JPG

誰でも安全にバスに乗り降りできるよう、乗車口の高さを低くしたり、スロープを出すなど、様々なバリアフリーが備わっていることも学ぶことができましたexclamation


最後には、高齢者体験とサポート・見守りの体験をバスに乗車して行いましたるんるん

「段差に気を付けてゆっくり降りたら大丈夫だよ」「前の席も空いてるから一緒に座ろう」と
優しく声を掛け合いながら移動することができていましたかわいい

図1.png

体験後には、「まちには1人で出かけることが心配な人もいる。勇気を出して自分にもできることをしていきたい。」「勉強したことを家族や友達にも教えて、周りの人に知ってもらおうと思う。」と感想を話してくれた児童さんもいましたわーい(嬉しい顔)


これからも地域や学校の方々と連携し、皆が助け合いながら生活できるまちづくりを進めるお手伝いができればと思いますぴかぴか(新しい)
続きを読む
posted by 東広島市社協 at 13:22| 企画福祉課スタッフより

福祉体験授業を行いました!【高屋東小学校 車いす体験】

こんにちは!企画福祉課スタッフです晴れ

高屋東小学校3年生を対象に、特別養護老人ホーム御薗寮の職員さん、民生委員児童委員さんと一緒に、車いす体験を行いましたるんるん

御薗寮の職員さんから、利用者さんが参加される行事の紹介や、車いすを利用されている方をお手伝いする時のポイントについて教えてもらいましたわーい(嬉しい顔)

IMG_9061.JPG

体験では、御薗寮の職員さんや民生委員児童委員さんにサポートしてもらいながら、児童の皆さんが協力し合って学校の中を車いすで移動し、学校の中のバリアやバリアフリーを探しましたexclamation

図2.png

体験後には、児童さんが「皆で力を合わせてもっとやさしい学校にしたい」「学んだことを家族や友達にも話して知ってもらいたい」「大人になったら、車いすの方をお手伝いする仕事がしたい」等、感想を教えてくれました黒ハート

次回は児童の皆さんが、バスを活用したバリアフリー体験に取り組む様子をブログに掲載しますので、お楽しみにひらめき



posted by 東広島市社協 at 13:18| 企画福祉課スタッフより

福祉体験授業を行いました!【板城小学校 車いす体験】

こんにちは!企画福祉課スタッフです晴れ

板城小学校3年生を対象に、特別養護老人ホーム長寿苑の職員さんと一緒に、車いす体験を行いました手(チョキ)


長寿苑の職員さんから、長寿苑で生活されている方々や、車いすを利用されている方をお手伝いする時のポイントについて教えてもらいましたわーい(嬉しい顔)

お話の中で、「車いすを利用されている方は特別な人ではありません。児童の皆さんと同じように1人ひとり得意なこと、苦手なことがあります。それぞれができることを心がけて、皆で助け合っていくことが大切です。」と話されていたのが、とても印象的でしたぴかぴか(新しい)


IMG_3848.jpg


車いす体験では、児童の皆さんが普段過ごしている校舎の中を車いすで移動しながら、学校のバリアややさしさを探しました目ぴかぴか(新しい)

IMG_7682.jpg


体験後には、児童さんが「段差や狭い通路も声にして伝え、ゆっくり移動することで、車いすで生活している人にも安心してもらえると思った」「皆と一緒だったらできることも増やせると思う」等、様々な感想を教えてくれましたひらめき


板城小学校の児童さんと長寿苑の利用者さんは、コロナ禍で直接会うことが難しい時期にも、手作りの作品やビデオレターを渡し合う等、これまでも交流をされていましたわーい(嬉しい顔)黒ハート
同じ板城の地域で生活している皆さんが今後も繋がり続けられるよう、社協もお手伝いさせていただきたいと思います手(パー)
posted by 東広島市社協 at 13:17| 企画福祉課スタッフより