2022年11月08日

福祉体験授業を行いました!【八本松小学校 車いす体験】

こんにちは!企画福祉課スタッフでするんるん

八本松小学校で3年生を対象に、ときわ台ホームの職員さんと一緒に車いす体験行いました!

車いすの説明.JPG 体育館コース.JPG
ときわ台ホームの職員さんから、車いすの乗り方、押し方、注意点などをわかりやすく説明していただきました!また、一緒に体験の見守りをしていただきました黒ハート

一緒に体験.jpeg 手洗いしてみる.jpg

体験では、車いすに乗ったまま手を洗ったり、段差を超えたりしました。

児童のみなさんは、周りの障害物や段差に気を付けて声を掛け合いながら体験されている様子でした。
児童さんからは、「段差や曲がり角が難しかったので、どけれるものがあったらよけたいです。」という感想がありました。自分にできるバリアフリーについても考えて学習されていたように感じましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


これからも地域の施設のみなさんとも連携して、一緒に福祉教育に取り組んでいくことで、地域のみなさんがつながって助け合える関係づくりをサポートしていきたいですわーい(嬉しい顔)かわいい




posted by 東広島市社協 at 13:46| 企画福祉課スタッフより

福祉体験授業を行いました!【八本松小学校 高齢者疑似体験】

こんにちは晴れ企画福祉課スタッフです!

八本松小学校3年生を対象に、障害者支援施設 ときわ台ホームの職員さん高齢者疑似体験を行いましたわーい(嬉しい顔)

授業のはじめには、高齢者になってよいことや困ることにどんなことがあるかを児童さんに発表してもらい、高齢者になって心と体にどんな変化があるのかを学習しました。

高齢者疑似体験セットでの高齢者の動きの体験と、特殊なゴーグルで白内障の見え方を、軍手をつけて高齢者の手の動きを、体験しました!
見守る太刀掛さん.jpeg 白内障眼鏡と軍手.jpeg 

疑似体験セットをつけての体験では、校内の廊下や階段を回りました。
階段は腰にくる.jpeg 階段の昇り降りが特に大変で、同じグループの子が支えながら体験している姿が印象的でしたかわいい

授業の最後には、「体が思うように動かなくてイライラした」という素直な感想が聞けましたひらめき

また、「自分が高齢者になったときに周りの人にやさしくしてもらえるように、挨拶を心掛けたい」「細かい作業は手伝いたい」などの感想もあり、高齢者になることでの気持ちを学び、自分にできることは何か考えることができて良かったです!

次回は、車いす体験の様子を掲載しまするんるんるんるん






posted by 東広島市社協 at 13:45| 企画福祉課スタッフより

福祉体験授業を行いました!【八本松小学校 アイマスク体験】

こんにちはぴかぴか(新しい)企画福祉課スタッフです!

八本松小学校で3年生を対象にアイマスク体験を行いました!目
みんなが幸せに生活できる八本松に向けて、自分にできることは何か考えることを目標に学習しました。
授業のはじめには、目の不自由な方はどんな工夫をして生活しているのか、目の不自由な方にどのようにお手伝いをするか学習しました。

ガイド方法の学習.jpg


階段にチャレンジ.jpeg 
校舎内の体験では、学習した目の不自由な方のお手伝いの方法を実践しました!

席まで案内.JPG

体験から戻るときには、ペアの子の席まで案内していました。教室のなかは特に狭く、ぶつかったりぶつかりそうになることも多くありました。
席に着いたあとは、「今○○さんが帰ってきたよ」など、ペアの子が様子を伝えている姿が印象的でした♪
児童さんの感想で、「案内するときは、「こっち」や「あっち」では伝わらないから、どこになにがあるかを伝えるようにしたい」などがあり、声掛けや自分にもできる工夫について考えながら学習されていました晴れ

posted by 東広島市社協 at 13:44| 企画福祉課スタッフより