2020年02月18日

きんさい家サロンのもちつき大会

2月7日 臼洗浄(JVD生武さん).JPG
きんさい家サロンの関係者からいただいた石臼を洗浄中。
IMG_1003.JPG
2日前から熟大生のボランティアを中心に準備しました。
IMG_7435.JPG
大学生が熟大生のボランティアに薪割りを教えてもらっています。
IMG_7598.JPG
もちつきも熟練の技が必要ですね。
杵でつくだけのイメージがありましたが、蒸したもち米をつぶすところが一番重要とのこと。
ここで出来が決まるそうです。
実際に体験しましたが、もち米をつぶす作業が一番つらかったです。
この日(2月15日)は、ボランティアを含めた参加者が100名近く集まり、5臼分のお餅がすぐになくなりました。
参加した子供たちも楽しそうに体験していました。
こうした日本ならではの行事も、昨今、さまざまな理由で減少しているようです。
時代の流れで仕方のないことではありますが、こうした機会を提供できる場所も必要と感じました。
posted by 東広島市社協 at 10:39| 企画福祉課スタッフより