2021年03月29日

令和2年度最後の黒瀬オレンジ会


 こんにちは。
 黒瀬支所のアイです。

 3月26日(金)の夜。今年度最後の「黒瀬オレンジ会」がありました。
 黒瀬オレンジ会は、
 『認知症があっても、障害があってもなくてもあっても、
         黒瀬町で自分らしく生活できる地域づくり』を目的に
 地域住民と町内の多職種・異業種が集い、主に認知症に関する取り組みについて協議し、
活動を行っている会です。

 今年度は、全員が集まって協議することが難しかったのですが、
ZOOMやワーキングなど工夫して活動を継続してきました。

 今回は研修と次年度の取り組みを決めました。
 研修の講師は、介護芸人の鹿見勇輔さんに、
 「介護芸人として活動する中で見えた地域とのつながりづくり」について話をしていただきました。

DSC_2662.JPG DSC_2659.JPG

1616973429889.jpg

 次年度も感染防止対策は必要ですが、これまでに近い地域活動が展開できるよう、
黒瀬オレンジ会メンバーで知恵を出し合っていきます。





posted by 東広島市社協 at 13:24| 黒瀬支所スタッフより