2022年11月11日

福祉体験授業を行いました!【平岩小学校 アイマスク体験】

こんにちはわーい(嬉しい顔)企画福祉課スタッフです!

平岩小学校3年生を対象に、平岩住民自治協議会 福祉部会のみなさんと、民生委員さん、障害者支援施設 松陽寮の職員さんと一緒に、アイマスク体験を行いました!

教室に向かう廊下で、たくさんの展示物を見つけました!
調べ学習集.jpeg 
福祉体験授業のする前に、『○○な学校』のテーマで調べ学習をしていたそうで、模造紙にまとめたものが展示してありました!
調べ学習の内容は、どれもバリアフリーに関係したものでした。多くの児童さんが、障がいのある方やお年寄りの方が学校で過ごすとき、自分にはどんなことができるのか?など、興味を持っているように感じましたひらめき

授業では、まず目の不自由な方の生活について学習したり、アイマスクをつける/ガイドする、2つの体験方法を学習しました!この画像では、教室の中でお手本を見せています。
ガイドの方法見本.jpg 
教室のせまいところは、「カニさん歩き」ですわーい(嬉しい顔)
声掛けの方法も勉強しました。

校内の体験は、参加されたみなさんと一緒に見守りながら行いました手(チョキ)
松陽寮さん.jpeg
児童のみなさんは、実際に目の不自由な方になる体験やガイドをする体験をして、目の不自由な方について気になっていたところを少し知ることができたのではないでしょうかぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

一緒に体験を見守っていただいた平岩住民自治協議会 福祉部会のみなさん、民生委員さん、松陽寮の職員さん、ありがとうございました!かわいい




posted by 東広島市社協 at 14:14| 企画福祉課スタッフより

福祉体験授業を行いました!【三永小学校 アイマスク体験】

こんにちは晴れ企画福祉課スタッフです!

三永小学校3年生を対象に、民生委員さんアイマスク体験を行いました!

授業の初めに、目の不自由な方の生活について勉強しました。
3年生になって盲導犬の学習をされており、点字ブロックや白杖について知っている児童さんが多かったです!わーい(嬉しい顔)かわいい

点字ブロックをみんな知っている...!.jpeg 
「点字ブロックについて知っている人はいますか?」と聞いたとき、手を挙げてくださる児童さんがたくさんいました目ぴかぴか(新しい)

民生委員さんの見守り.jpeg 
アイマスクをつけて実際に校内を体験する際には、民生委員のみなさんが一緒に体験の見守りをしてくださりました!

「あと3歩したら階段だよ」など、丁寧にガイドをされている児童さんの姿が印象に残っています。


また、教室には、半年前にキヨさんと行った車いす体験ときのお手紙が掲示されていました。
交流が続いていて素敵だなと思いました黒ハート

これからも、児童のみなさんが、「三永に住むみんなが笑顔になれるために、自分たちにどんなことができるか」考え実践していけるように、地域の皆さんと、福祉の取り組みを進めていきます◎

posted by 東広島市社協 at 14:13| 企画福祉課スタッフより

2022年11月08日

福祉体験授業を行いました!【八本松小学校 車いす体験】

こんにちは!企画福祉課スタッフでするんるん

八本松小学校で3年生を対象に、ときわ台ホームの職員さんと一緒に車いす体験行いました!

車いすの説明.JPG 体育館コース.JPG
ときわ台ホームの職員さんから、車いすの乗り方、押し方、注意点などをわかりやすく説明していただきました!また、一緒に体験の見守りをしていただきました黒ハート

一緒に体験.jpeg 手洗いしてみる.jpg

体験では、車いすに乗ったまま手を洗ったり、段差を超えたりしました。

児童のみなさんは、周りの障害物や段差に気を付けて声を掛け合いながら体験されている様子でした。
児童さんからは、「段差や曲がり角が難しかったので、どけれるものがあったらよけたいです。」という感想がありました。自分にできるバリアフリーについても考えて学習されていたように感じましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


これからも地域の施設のみなさんとも連携して、一緒に福祉教育に取り組んでいくことで、地域のみなさんがつながって助け合える関係づくりをサポートしていきたいですわーい(嬉しい顔)かわいい




posted by 東広島市社協 at 13:46| 企画福祉課スタッフより

福祉体験授業を行いました!【八本松小学校 高齢者疑似体験】

こんにちは晴れ企画福祉課スタッフです!

八本松小学校3年生を対象に、障害者支援施設 ときわ台ホームの職員さん高齢者疑似体験を行いましたわーい(嬉しい顔)

授業のはじめには、高齢者になってよいことや困ることにどんなことがあるかを児童さんに発表してもらい、高齢者になって心と体にどんな変化があるのかを学習しました。

高齢者疑似体験セットでの高齢者の動きの体験と、特殊なゴーグルで白内障の見え方を、軍手をつけて高齢者の手の動きを、体験しました!
見守る太刀掛さん.jpeg 白内障眼鏡と軍手.jpeg 

疑似体験セットをつけての体験では、校内の廊下や階段を回りました。
階段は腰にくる.jpeg 階段の昇り降りが特に大変で、同じグループの子が支えながら体験している姿が印象的でしたかわいい

授業の最後には、「体が思うように動かなくてイライラした」という素直な感想が聞けましたひらめき

また、「自分が高齢者になったときに周りの人にやさしくしてもらえるように、挨拶を心掛けたい」「細かい作業は手伝いたい」などの感想もあり、高齢者になることでの気持ちを学び、自分にできることは何か考えることができて良かったです!

次回は、車いす体験の様子を掲載しまするんるんるんるん






posted by 東広島市社協 at 13:45| 企画福祉課スタッフより

福祉体験授業を行いました!【八本松小学校 アイマスク体験】

こんにちはぴかぴか(新しい)企画福祉課スタッフです!

八本松小学校で3年生を対象にアイマスク体験を行いました!目
みんなが幸せに生活できる八本松に向けて、自分にできることは何か考えることを目標に学習しました。
授業のはじめには、目の不自由な方はどんな工夫をして生活しているのか、目の不自由な方にどのようにお手伝いをするか学習しました。

ガイド方法の学習.jpg


階段にチャレンジ.jpeg 
校舎内の体験では、学習した目の不自由な方のお手伝いの方法を実践しました!

席まで案内.JPG

体験から戻るときには、ペアの子の席まで案内していました。教室のなかは特に狭く、ぶつかったりぶつかりそうになることも多くありました。
席に着いたあとは、「今○○さんが帰ってきたよ」など、ペアの子が様子を伝えている姿が印象的でした♪
児童さんの感想で、「案内するときは、「こっち」や「あっち」では伝わらないから、どこになにがあるかを伝えるようにしたい」などがあり、声掛けや自分にもできる工夫について考えながら学習されていました晴れ

posted by 東広島市社協 at 13:44| 企画福祉課スタッフより

2022年09月29日

バリアフリー教室を行いました!【高屋東小学校 バスを活用したバリアフリー学習】


こんにちは!企画福祉課スタッフです手(パー)

高屋東小学校3年生を対象に、国土交通省中国運輸局バリアフリー推進課、芸陽バス株式会社、高屋町の民生委員児童委員さんと一緒に、バスを活用したバリアフリー教室を行いましたバスバス


まずは、中国運輸局バリアフリー推進課の職員さんに身近なまちのバリアフリーについて、クイズ形式でお話してもらいました!児童の皆さんも積極的に発表していて、これまで学習したことがしっかり身についていますねぴかぴか(新しい)

IMG_3917.JPG


芸陽バス職員さんから、まちに住む皆が安心してバスを利用するために、1人ひとりが気を付けるポイントについて説明してもらいましたわーい(嬉しい顔)
「皆がお互いに助け合いながら生活できるよう、1人ひとりが心のバリアフリーを大切にして、できることを行動に移すことが大切」と話されていたことがとても印象に残りました黒ハート

IMG_3961.JPG

誰でも安全にバスに乗り降りできるよう、乗車口の高さを低くしたり、スロープを出すなど、様々なバリアフリーが備わっていることも学ぶことができましたexclamation


最後には、高齢者体験とサポート・見守りの体験をバスに乗車して行いましたるんるん

「段差に気を付けてゆっくり降りたら大丈夫だよ」「前の席も空いてるから一緒に座ろう」と
優しく声を掛け合いながら移動することができていましたかわいい

図1.png

体験後には、「まちには1人で出かけることが心配な人もいる。勇気を出して自分にもできることをしていきたい。」「勉強したことを家族や友達にも教えて、周りの人に知ってもらおうと思う。」と感想を話してくれた児童さんもいましたわーい(嬉しい顔)


これからも地域や学校の方々と連携し、皆が助け合いながら生活できるまちづくりを進めるお手伝いができればと思いますぴかぴか(新しい)
続きを読む
posted by 東広島市社協 at 13:22| 企画福祉課スタッフより

福祉体験授業を行いました!【高屋東小学校 車いす体験】

こんにちは!企画福祉課スタッフです晴れ

高屋東小学校3年生を対象に、特別養護老人ホーム御薗寮の職員さん、民生委員児童委員さんと一緒に、車いす体験を行いましたるんるん

御薗寮の職員さんから、利用者さんが参加される行事の紹介や、車いすを利用されている方をお手伝いする時のポイントについて教えてもらいましたわーい(嬉しい顔)

IMG_9061.JPG

体験では、御薗寮の職員さんや民生委員児童委員さんにサポートしてもらいながら、児童の皆さんが協力し合って学校の中を車いすで移動し、学校の中のバリアやバリアフリーを探しましたexclamation

図2.png

体験後には、児童さんが「皆で力を合わせてもっとやさしい学校にしたい」「学んだことを家族や友達にも話して知ってもらいたい」「大人になったら、車いすの方をお手伝いする仕事がしたい」等、感想を教えてくれました黒ハート

次回は児童の皆さんが、バスを活用したバリアフリー体験に取り組む様子をブログに掲載しますので、お楽しみにひらめき



posted by 東広島市社協 at 13:18| 企画福祉課スタッフより

福祉体験授業を行いました!【板城小学校 車いす体験】

こんにちは!企画福祉課スタッフです晴れ

板城小学校3年生を対象に、特別養護老人ホーム長寿苑の職員さんと一緒に、車いす体験を行いました手(チョキ)


長寿苑の職員さんから、長寿苑で生活されている方々や、車いすを利用されている方をお手伝いする時のポイントについて教えてもらいましたわーい(嬉しい顔)

お話の中で、「車いすを利用されている方は特別な人ではありません。児童の皆さんと同じように1人ひとり得意なこと、苦手なことがあります。それぞれができることを心がけて、皆で助け合っていくことが大切です。」と話されていたのが、とても印象的でしたぴかぴか(新しい)


IMG_3848.jpg


車いす体験では、児童の皆さんが普段過ごしている校舎の中を車いすで移動しながら、学校のバリアややさしさを探しました目ぴかぴか(新しい)

IMG_7682.jpg


体験後には、児童さんが「段差や狭い通路も声にして伝え、ゆっくり移動することで、車いすで生活している人にも安心してもらえると思った」「皆と一緒だったらできることも増やせると思う」等、様々な感想を教えてくれましたひらめき


板城小学校の児童さんと長寿苑の利用者さんは、コロナ禍で直接会うことが難しい時期にも、手作りの作品やビデオレターを渡し合う等、これまでも交流をされていましたわーい(嬉しい顔)黒ハート
同じ板城の地域で生活している皆さんが今後も繋がり続けられるよう、社協もお手伝いさせていただきたいと思います手(パー)
posted by 東広島市社協 at 13:17| 企画福祉課スタッフより

2022年09月28日

親子バスツアー in 豊栄町

親子で福祉のお仕事体験バスツアーを開催しました。
福祉・介護の魅力を発信するため東広島市と一緒に企画したツアーです。
IMG_0973.JPG
バスの中では、広島国際大学の学生が考えたレクリエーションを行いました。
風船に貼ってあるテープを割らないようにはがします。
すぐに割れて盛り上がっていました。
IMG_1095.JPGIMG_1155.JPG
今回の企画にあたってご協力いただいた豊邑苑さんでの介護体験の様子。
コロナ禍で大変な状況にも関わらず、受け入れていただきました。
企画から準備までご尽力いただきありがとうございました。
最新の福祉用具をご準備いただいた、エコールの皆様にも感謝です!
IMG_1249.JPGIMG_1340.JPG
今回のツアーでは、地域の魅力も知っていただきたく、トムミルクファームさん
にもご協力いただきました。
普段はやっていないバターづくり体験や牧場の見学ガイドなど、貴重な体験を
させていただきました。
何より、日本の酪農の現実をお話いただき、考えさせられました。
IMG_1380.JPG
最後にジェラートをいただいてツアーは終了です。

参加者の児童からは、今回のツアーで福祉に関心を持ったという声を、
保護者からは介護の仕事をしてみたいという声をいただき、少しでも福祉・介護
の魅力が伝わったのではないかと感じました。



posted by 東広島市社協 at 10:17| 企画福祉課スタッフより

2022年09月26日

気象予報士の岡田さんに来ていただきました!(東広島市防災活動セミナー)

企画福祉課スタッフです。

9月25日(日)東広島市総合福祉センターで
令和4年度東広島市防災活動セミナーを開催しました!
IMG_1396.JPG

講師にNHK「お好みワイドひろしま」でおなじみの

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)岡田 良昭さんぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
にお越しいただきました。(こころんもニッコリ)
IMG_1600.JPG

今回のテーマ「女性がもっと活躍できる 災害のそなえ」と題して
気象予報士の立場からお話しいただきました。


防災減災の話となると男性の参加が多いのですが、
今回は女性が6割を超えるなどたくさんのご参加いただきました。
より多くの方の視点で防災、減災に興味を持ってもらえるよう
引き続き取り組んでいきたいと思います。

岡田さんありがとうございました!


↓↓※セミナーの様子は後日(目標10月)東広島市社協youtubeチャンネルにて公開予定です。↓↓


posted by 東広島市社協 at 13:29| 企画福祉課スタッフより