2019年02月27日

あったか応援センター(ボランティアセンター)の近況G


福祉体験学習


松賀中学校で実施した 「福祉体験学習」 をご紹介します。


〜高齢者の生活を知ろう〜 というテーマで、

高齢者疑似体験
  ↓
高齢者の生活の調べ学習 / 新聞の作り方・インタビューの方法を学ぶ
  ↓
認知症サポーター養成講座 / 高齢者や支援者へのインタビュー
  ↓
新聞にまとめる


といった一連の学習をされました。
計画された先生方が素晴らしいですひらめき


社協は、「高齢者疑似体験」 と 「認知症サポーター養成講座」 を担当しました。



まずは「高齢者疑似体験」
20190129_115714 - コピー.jpg
△高齢者疑似体験セットを全身に装着して、おおよそ80代くらいの身体機能を体験します。
階段の上り下り、寝起きや寝返り、図書室で本を探してみたりと、いろいろ動いてみました。

中学生からは「腰が曲がって痛いわぁ」 「一番上の棚は取れない」といった声があがりました。







続いて、「認知症サポーター養成講座


「認知症サポーター養成講座」とは、認知症を学び、地域で支えるための取り組みです。

受講後には、認知症サポーターの証の オレンジリング を配布します。
日本中では、約1,110万人の人が、これまでに認知症サポーターになっています。
オレンジリングをお持ちの方も、いるのではないでしょうか?


さて、当日は、民生委員児童委員、介護事業所、住民自治協議会、包括支援センターといった、多くの方がご協力くださいました。
IMG_0315.JPG

認知症はどんな病気なのか? どのように接したらより良いか?を学びました。
▽グループワークをして、例えば、認知症の人がゴミだしの日を間違えていたらどうするか?など、話し合いました。
IMG_0334.JPG

▽ 中学生→民生委員や専門職にインタビュー
IMG_0359.JPG
Q.お年寄りが一番大変な事は何ですか?
Q.民生委員の仕事内容は何ですか?

など、各グループでお話しをされました。




この後は、学んできた一連のことを、新聞にまとめる予定だそうです。

体験・講座を受けて終わり… ではなく、
地域の方とお話しをしたり、学んだ事を振り返ってまとめたりすることは、良い取り組みですねわーい(嬉しい顔)
posted by 東広島市社協 at 12:00| 企画福祉課スタッフより

2018年12月28日

あったか応援センター(ボランティアセンター)の近況F

冬企画「クリスマス会」(東広島市社会福祉協議会×きんさい家)

東広島市社会福祉協議会 あったか応援センター(ボランティアセンター)では、冬企画として、

@クリスマス会(12月16日(日))
A新年会(1月19日(土))
Bもちつき大会(2月16日(土))

を企画しています。
障がい児・者サロン「きんさい家」と協働で行いますぴかぴか(新しい)

12月16日(日)、冬企画「クリスマス会」を開催しました。

今回もたくさんの参加者さん、ボランティアさんが集まって下さいました。
いつもありがとうございます黒ハート

昼食は、熟年大学ボランティア同好会のみなさんが作って下さいました黒ハート
朝早くからみなさんありがとうございましたぴかぴか(新しい)
手作りの豚汁、おむすび、お漬物、愛情がこもっててあたたかく、とてもおいしかったですハートたち(複数ハート)
みなさんに大好評でしたぴかぴか(新しい)
IMG_8874.JPG

会場内でも心細やかなお手伝いをして下さいました黒ハート
IMG_8968.JPG

会場内では「サウンドメイツ」さんがバンド生奏して下さっていてとっても贅沢ぴかぴか(新しい)
「ジングルベル」、「サンタが街にやってくる」、「クリスマスイヴ」他るんるん
IMG_8957.JPG

「おどるポンポコリン」をサウンドメイツさんのバンド生演奏でみんなで歌っておどりましたるんるん
 20181216_124544.jpg


▼学生ボランティアさんが描いて下さいました黒ハート
IMG_9068.JPG

IMG_9070.JPG


学生ボランティアさんがゲームをして下さって盛り上げて下さいましたハートたち(複数ハート)
IMG_8993.JPG
▲ジェスチャーゲーム

IMG_9085.JPG
▲ビンゴゲームで、ステージの上の景品を早い者勝ちゲット☆



今回のクリスマス会もみなさんのご協力で無事楽しく終える事ができました。
ボランティアに来て下さる事が当たり前ではなく、いつも感謝し、助けられております。
企画毎に顔なじみ、初めましてのボランティアさん、参加者さんの顔を見てあいさつして。
心からうれしく思う瞬間です。
いつも本当にありがとうございます。

これからもあったか応援センターではボランティアに興味のある学生さん、地域の方々に
気軽に参加してもらえるような企画を行っていきますので、どうぞよろしくお願い致しますぴかぴか(新しい)

次回は、冬企画「新年会」を行いますぴかぴか(新しい)


無題.png

昔遊び(おはじき、めんこ、かるた、おじゃみ)をしたり、みんなでぜんざいを食べたりるんるん
ぜんざいを作りたい方は一緒にお団子を丸めましょうるんるん

参加者さん、ボランティアさん、どうぞお気軽にご参加下さいぴかぴか(新しい)

















posted by 東広島市社協 at 16:38| 企画福祉課スタッフより

2018年12月20日

あったか応援センター(ボランティアセンター)の近況E

演奏ボランティア 
フォルクローレ「Los・Sariris」(ロス サリリ)さん演奏鑑賞

12月9日(日)東広島市高屋町にある「高屋西地域センター」にて、アンデス音楽 フォルクローレを奏でる「Los・Sariris」(ロス サリリ)さんの演奏を聴かせて頂きました。

IMG_8520.JPG

20181209_100616.jpg   

フォルクローレとは、南アメリカ大陸のペルーやボリビア、チリ一帯で、古くはインカ以前から演奏されてきた伝承音楽です。
「コンドルは飛んでいく」が代表曲にあります。

ロスサリリさんはボランティアで演奏をされる事もあり、この日は年1回の地域センターでのコンサートでした。

みなさんが着ておられる伝統衣装も奏でる楽器も現地で調達しているという事で、
本格的な演奏然りなかなか東広島では観る事ができないコンサートだと思います。

1時間30分に及ぶコンサートで、みんなで踊るコーナーや楽器を一人一個貸してもらい演奏に合わせて音を出したりと、みんなが笑顔になるコンサートでした。

コンサート後、ロスサリリのみなさんとお話しをさせて頂いたのですが、みなさん優しくお人柄も良く、次のコンサートも是非観に行かせて頂きたいです。

ロスサリリさんにボランティア演奏をご依頼したい場合は、あったか応援センターまで是非お問い合わせ下さいぴかぴか(新しい)

【問い合わせ先】東広島市社会福祉協議会 あったか応援センター

TEL(082)422-4075  FAX(082)423-8525  

メール:kikaku@soyokazenet.jp


ロスサリリさんも登録しておられます。
以下リンクにボランティアのご依頼の詳細が載っております。
       ↓


ロスサリリのみなさん、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)



posted by 東広島市社協 at 17:10| 企画福祉課スタッフより

2018年11月05日

あったか応援センター(ボランティアセンター)の近況D

障がい児・者サロン「きんさい家」と協働で芋ほり&天文台見学を行いましたハートたち(複数ハート)

社協あったか応援センター(ボランティアセンター)は、障がい児・者の余暇活動をお手伝いするとともに、ボランティアの活動の機会を作り、より多くの方にボランティア活動をしてもらえるように、芋ほり&天文台見学を行いました。

芋ほりは、下三永にある「星ふる里」という畑を熟年大学ボランティア同好会の方がお借りしていて、そのご縁で実現致しました。
ご協力ありがとうございましたexclamation×2

DSC_1412.JPG
5月に芋苗を植えて下さいました。


 IMG_7386.JPG
すくすく育ったお芋をみんなで掘りましたるんるん


今回は焼き芋もするのですが、掘ったばかりのお芋はすぐには食べられないので事前に採っておいたお芋で焼き芋をしました。
焼き芋をさらにおいしくする為に下ごしらえをしましたぴかぴか(新しい)


IMG_7351.JPG
前日に熟年大学ボランティア同好会の方々が焼き芋の仕込みをしに来て下さいましたぴかぴか(新しい)
お芋にお塩をまぶしてアルミホイルで包んで下さっています。
IMG_7342.JPG
立派なお芋ぴかぴか(新しい)


当日はお芋をドラム缶で焼き、みんなで食べました黒ハート
塩味が効いていてとても美味しかったですぴかぴか(新しい)


IMG_7367.JPG
畑の隣では牛の放牧がされておりましたるんるん


IMG_7444.JPG
みんなでパチリぴかぴか(新しい)


芋ほりの後は、「東広島天文台」へ見学をさせてもらいに行きました。
通常は平日のみ開館なのですが、今回きんさい家の企画の為に特別に開けて対応して下さいました。
職員のみなさん、ありがとうございましたexclamation×2


20181027_130714.jpg
映像を見ながら4Dメシアターメガネをかけ、宇宙の事についての説明を受けましたぴかぴか(新しい)
とてもリアルで分かりやすく、そしてロマンを感じました。


IMG_7449.JPG
東広島天文台にある、1.5m 光学望遠鏡 かなた です。

望遠鏡の中に1.5mの鏡が入っています。
鏡が大きければ大きい程遠くのものが見えるそうです。
宇宙の時間軸で考えると遠く=過去になります。
現在世界の望遠鏡は、研究者の、過去が知りたい、見たい、に比例して鏡も大きくなっていっているようです。

IMG_7457.JPG
屋根を開けて星のある方へ「かなた」を回転させ、
覗き込むと昼間でも星を見る事ができましたぴかぴか(新しい)

星は昼間でも出ていて、人間の目では認識できないだけで
「かなた」の鏡の集光力により見る事ができました。(肉眼の約6万倍)

職員のみなさん、「かなた」の説明や質問タイムも設けて下さり、誠にありがとうございましたハートたち(複数ハート)
みなさん興味深々でしたぴかぴか(新しい)

今回ご協力頂いた皆様方、誠にありがとうございましたぴかぴか(新しい)
posted by 東広島市社協 at 18:03| 企画福祉課スタッフより

2018年10月31日

あったか応援センター(ボランティアセンター)の近況C

福祉体験学習「音訳体験」

9月に福祉体験学習の一環として、
八本松小学校3年生児童を対象に音訳体験が行われました。

IMG_5873.JPG
今回、音訳サークル「声の本棚 つぼみ」さんが講師をして下さいました。
どうもありがとうございましたハートたち(複数ハート)


音訳というのは、音読と違って目の不自由な方に声で分かりやすく説明する事をいいます。


IMG_5903.JPG
寸劇を交えたりと児童さん達に親しみやすく教えて下さいました。



IMG_5924.JPG
声のみで相手に分かりやすくお伝えする為に、絵や図や写真は色、形等を詳しくご説明しますひらめき


IMG_5913.JPG
児童さん達も音訳挑戦中exclamation


今回初めて音訳体験に触れたのですが、
色や形、長さ、向き等普段見えていて気にする事が無かった事柄まで目の不自由な方にとっては正確に詳しくお伝えする重要性を知りました。

IMG_6002.JPG
よく通る美しい声が印象的exclamation×2


福祉体験学習は、障がいを持っておられる方、身体の不自由な方の気持ちを知ってもらいたくて行っている部分が大きいです。

福祉体験学習で車いすがうまく押せなくていい、アイマスクをして怖い思いをしていい、高齢者疑似体験をしてうまく歩けなくていい。
その思い、気持ちがそのまま当事者の気持ちです。
その事を知ってほしくて私達社協は日々みなさんのもとへ出向いております。


IMG_5961.JPG


「声の本棚 つぼみ」さん、八本松小学校3年生児童のみなさん、先生方、
どうもありがとうございましたハートたち(複数ハート)



posted by 東広島市社協 at 16:16| 企画福祉課スタッフより

2018年06月08日

あったか応援センター(ボランティアセンター)の近況B


プールボランティアにまつわる、
養成講座A救急講習(普通救命講習V)を受講してきました。

IMG_4104.JPG

6月7日(木)東広島消防局において、救命講習を受講させて頂きました。
プールボランティアに参加して下さる方々も来て下さいました。

この日の講座は、乳児・小児の救命についてでした。

人口呼吸、胸骨圧迫の仕方、AEDの使い方等を学びました。

救命中は少しの時間も置かずに絶え間なく救命処置をし続ける事(傷病者の致命傷になってしまう)、
AEDが無い場合は、人口呼吸(2回)より胸骨圧迫(30回)を重点的に行う事(最低でも60%の割合で)、
AEDがあればAED、胸骨圧迫(30回)、人口呼吸(2回)を救急隊員が到着するまで
絶え間なくローテーションで行う事が大事な事を学びました。

講座で使った人形は車の衝突実験用に用いられる人形と同じで、
実際の人間のやわらかさ、救命効果が出る胸骨圧迫の強さ、深さと同じだそうです。
大人でもかなり力が要りました。

消防局の方が、
「あばらが折れるのを気にして胸骨圧迫を恐れる人が多い。
骨が折れても修復可能。それより脳や臓器を守る事が大事」
とおっしゃっておられました。

何も難しい事はありません。
正しい講習を受けて救える命があります黒ハート


消防局の関係者様、
プールボランティアに参加して下さる皆様方、
どうもありがとうございました黒ハート


プールボランティアはまだまだ募集しておりますわーい(嬉しい顔)
講習を受けていなくてもできますので、
お気軽に企画福祉課までご連絡くださいわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
お待ちしておりますぴかぴか(新しい)

















続きを読む
posted by 東広島市社協 at 09:40| 企画福祉課スタッフより

2018年06月06日

あったか応援センター(ボランティアセンター)の近況A

プールボランティア募集&養成講座のお知らせ

夏休みの小学校地域開放プールで、障がい児の見守りをするボランティアを募集します。
また、このことに伴い、“プールボランティア養成講座”を開講し、障がいの基礎知識・普通救命講座Vなどを学びます。
※ボランティア活動のみ、または養成講座受講のみでも可能です。


■ 養成講座@障がい児の基礎知識〜発達障害について〜 を開催しました。(5/26)
IMG_3992.JPG
東広島市子育て・障害者相談支援センター(はあとふる)の徳光様 に講師をしていただきましたexclamation

  発達障害とは?
  特性の理解
  関わり方        についてのお話です。

プールボランティアをする時には、「わかりやすく」 お子さんに伝えること。
お子さんの言動に「共感」すること。
こうしたことが大切なのではないかと学びました。

いただいた資料は、プールボランティア活動をする時に見直そうと思いますひらめき
徳光様、受講生の皆さん、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)




次回の養成講座は、6月7日(木)9:00〜12:00
             救急講習(普通救命講習V)@東広島消防局

             6月16日(土)13:00〜14:00
             活動日の調整、昨年度の取り組み@東広島市総合福祉センター

プールボランティアは、7月下旬〜8月(夏休み中の平日)@市内各小学校
(※プールに入って、障がい児の見守りをしていただきます。)

チラシ.jpg
プールボランティアは、講座を受けていなくても参加できますよぴかぴか(新しい)
まだまだ募集しておりますexclamation×2


チラシでは養成講座の締め切りが5月22日(火)となっておりますが、
こちらもまだまだ随時募集中ですexclamation×2

気構えずにいつでも企画福祉課までご連絡くださいわーい(嬉しい顔)exclamation×2

【申込み先】東広島市社会福祉協議会 企画福祉課          

TEL(082)422-4075 FAX(082)423-8525 メール:kikaku@soyokazenet.jp

お待ちしておりますわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)







posted by 東広島市社協 at 13:16| 企画福祉課スタッフより

あったか応援センター(ボランティアセンター)の近況@

障がい児・者サロン「きんさい家」と協働で遠足企画を開催しました。

社協あったか応援センター(ボランティアセンター)は、ボランティア活動の機会をつくり、
より多くの方にボランティア活動をしてもらえるように、遠足企画を主催しています。

今年は呉市郷原町にある「グリーンヒル郷原」で行いました。


5月19日(土)遠足下見

社協職員と参加者さん、ボランティアさんと一緒に下見へ行って参りました。

IMG_3886.JPG

グリーンヒル郷原は自然に囲まれたとても良い所でした猫

レクリエーションをする場所を決めたり、
遠足がスムーズに行えるように散策しながら段取り等を決めました。

集まって下さったみなさん、ありがとうございましたexclamation×2


6月3日(日)遠足

総勢91名(参加者さん33名、社協職員、ボランティアさん合計58名)により、
遠足企画を行いました。

IMG_4015.JPG


学生ボランティアさんが子供さんと遊んでくれたりわーい(嬉しい顔)

IMG_4092.JPG

みなさん楽しんで頂けたようでよかったですハートたち(複数ハート)


みなさんでパチリぴかぴか(新しい)

IMG_4048.JPG

次の企画の時にもみなさんに会えることを楽しみにしておりますわーい(嬉しい顔)

お暑い中ありがとうございましたexclamation×2
お疲れ様でしたexclamation×2


posted by 東広島市社協 at 10:06| 企画福祉課スタッフより

こころん、市長室訪問

黒ハート黒ハートこころん、東広島市長とご対面黒ハート黒ハート

5月29日(火)、東広島市役所市長室
東広島市の地元誌「プレスネット」さんよりご依頼を頂き、
こころん含めた東広島市内のマスコットキャラクター4名により東広島市長室を訪問し、
高垣市長と東広島市の今後について話し合いを致しました。

DSC_1400.JPG
※撮影風景

こころんは東広島市社協のイメージキャラクターですハートたち(複数ハート)


普段暮らしていたらなかなか入れない市長室あせあせ(飛び散る汗)
とても貴重な経験をさせていただきました。
関係者の皆様方、どうもありがとうございました。

こちらの模様は、プレスネット6月7日号の一面でご覧頂く事ができますぴかぴか(新しい)

DSC_1408.JPG
※撮影風景













posted by 東広島市社協 at 09:26| 企画福祉課スタッフより

2018年03月02日

あったか応援センター(ボランティアセンター)の近況M

冬企画「もちつき大会」を開催しました(2月17日)

東広島市社協あったか応援センターでは、冬企画3回目として「もちつき大会」を行いました。

冬企画の目的は…
・障がい児者サロン”きんさい家”と協働し、障がい児者の余暇活動をお手伝いします
・ボランティア活動の機会をつくり、楽しくボランティア活動ができるようにお手伝いします


▼杵と臼でもちつきをしました。

IMG_2952.JPG

IMG_2895.JPG
▲みんなで丸めて、苺大福・大根おろしポン酢・よもぎあんこ餅などにして、食べましたハートたち(複数ハート)


IMG_2883.JPG
▲もちつきの指導は、熟年大学ボランティア同好会さんが担ってくださいましたexclamation

餅がつきあがるタイミングや、お餅の揉み方などを、参加者や学生ボランティアさんに教えてくださいました。
また、杵のお手入れや、臼など道具の準備もしてくださっています。

▼お腹いっぱいお餅を食べた後は、学生ボランティアさんとレクリエーションで遊びました。
IMG_3020.JPG

広島大学ボランティア団体 OPERATIONつながり さんが、豆まき・じゃんけん列車をしてくれましたわーい(嬉しい顔)るんるん
もちつき大会に来てくださった皆さん、どうもありがとうございましたわーい(嬉しい顔)exclamationexclamationexclamation

▼いつもボランティアに来てくれる大学生ボランティアさん
IMG_3060.JPG
大学卒業までたくさんボランティアをしてくれたO君、ありがとうございました。
また、いつでも来てください!待っています!




社会福祉士ってどんな仕事(賀茂高等学校)

IMG_3064.JPG

「もちつき大会」でボランティアに来てくれた高校生のお二人わーい(嬉しい顔)
進学して、社会福祉士を目指すそうですひらめき
「社会福祉士の仕事について聞きたい」と相談を受け、ざっくばらんにお話をしました。

どういう所で活躍できるか?
他にどんな資格・スキルアップができるか?  など、少しだけ先輩として楽しくお話させてもらいました。

将来、福祉のお仕事で働く仲間ができるのが楽しみですexclamation

posted by 東広島市社協 at 10:10| 企画福祉課スタッフより