2016年03月25日

学生ボランティアさんと将棋対決!

社協の居宅介護支援事業所でご支援させていただいている利用者のIさん黒ハート

介護保険のサービスの中で、毎月ショートステイをご利用されています。

今月のショートステイは、とても楽しみにされていましたるんるん

なぜなら・・・学生ボランティアの方が、将棋の対戦に来てくれる約束をしていたのですexclamation



まずは、初対面のお二人。みんなで記念撮影ですカメラ



IMG_0337.JPG



紹介します。

Iさんと、広島大学の将棋部主将Kさん。

社協からは、Iさんの手話通訳者Yさんと私、ケアマネのN咲子です。

今回ショートステイ中で場所を準備してくださった、職員のNさんも一緒に。


自己紹介もそこそこに、早速 真剣勝負が始まりました手(グー)

 
IMG_0338.JPG


Iさん、がんばれ〜
IMG_0342.JPG



学生ボランティア 将棋部 主将も本気です

 
IMG_0343.JPG





真剣そのもの

 
IMG_0345.JPG



1戦目は、さすが主将。

 
IMG_0348.JPG



まだまだ、勝負は続きます。

 IMG_03492.jpg


 皆様〜。2戦目は、Iさんが勝利しましたぴかぴか(新しい)

結果は、ショートステイ職員のNさんから、電話報告を受けました。


今回は、社協ならではの試み。

ボランティアを探してくれた社協 企画福祉課 職員の0さん。

手話通訳をかってでてくれた同じく企画福祉課のYさん。

つながりを大切にする社協のポリシーを生かして、出会いの場を生み出しました。

これからも社協 居宅のケアマネは、あなたの生きがいを応援します。

みんなのちからにありがとうハートたち(複数ハート)



posted by 東広島市社協 at 17:24| 在宅福祉課スタッフより

2015年07月06日

訪問介護全体研修開催

 みなさんこんにちはるんるんるんるん
 先月、社協の訪問介護事業所で全体研修会を行い51名の訪問介護員が参加しました。
 講師に地域生活支援センター「まほろば」 所長 金子百合子氏を招き
 「精神障害を持つ方の疾患と特性」と題し講義をしていただきました。

研修2.jpg

優しく心地よい声に皆、引き込まれていましたぴかぴか(新しい)


研修1.jpg

真剣に聞き入っています耳耳耳

次はグループワークexclamation 
いろいろな意見、疑問が飛び交いましたー(長音記号1)ー(長音記号1)グッド(上向き矢印)

研修3.jpg

「私はこのように支援してしているんだけど・・・あせあせ(飛び散る汗)
「え〜、そうなんじゃ!」等々

研修5.jpg研修4.jpg

質問に答えてくださる金子先生ひらめき 
時間が無くすべての質問に答えていただくことはできませんでしたが
みんな、大満足わーい(嬉しい顔)
最後に金子先生の一言
「精神障害の方と接してくださるヘルパーさんはありがたい。感謝の気持ちでいっぱいです」
かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい
ヘルパーにとって本当にありがたい言葉でした。
明日からもまた、ますます頑張って支援を続けていきます手(パー)手(パー)手(パー)
posted by 東広島市社協 at 17:00| 在宅福祉課スタッフより

2015年07月03日

平成27年度在宅高齢者見守り協力員研修を開催しました。

〜西条南地域高齢者相談センターより〜

 6月13日、17日、20日、27日に板城地区、御薗宇地区、三永地区、郷田地区の4地域で、在宅高齢者見守り協力員研修を行いました。
今年度は「消費者問題から高齢者の見守りを考える」というテーマで、東広島市消費生活センターの担当者の方に協力して頂きました。exclamation

                        P1060716.jpg        
                            
                        P1060767.jpg                              
                                                「皆さん、真剣な表情で説明を聞かれています。」


 最新の特殊詐欺の事例をDVDで観たり、広島県や東広島市の被害状況の説明を聞いたりして、皆さん「なるほど〜」とうなずいていらっしゃいました。晴れ

                    P1060855.jpg           
                                         「グループワークでも笑顔がこぼれます。わーい(嬉しい顔)
                  
 後半はグループに分かれて和やかな雰囲気の中で、日頃の見守り活動や実際に特殊詐欺の手口を経験した話等の活発な意見交換が行われました。


                        P1060827.jpg                             

                        P1060795.jpg
                                               「活発な意見交換が行われました。」
                       
 研修終了後には「良い話が聞けた。」「特殊詐欺は身近な事なんじゃね。」「日頃の見守り活動の大切さを再確認する事ができました。」等の声が聞かれました。
 住み慣れた地域で高齢になっても安心して暮らしていける地域を目指して民生委員さん、在宅見守り協力員さん、関係機関のご協力を頂きながら、今後も我々高齢者相談センターは相談業務を行っていきたいと思います。手(グー)                                 
         
posted by 東広島市社協 at 17:54| 在宅福祉課スタッフより

2015年06月08日

こんなに きれいになりました

総合福祉センター周辺の草刈(環境美化作業)を本所、有志の皆さんで行いました晴れ
草刈り機デビュー・・・恐る恐る・・・台風台風台風  

山原さん.JPG

ちょっと、休憩・・・。

休憩中・・・.JPG

こんなにきれいになりましたぴかぴか(新しい)

のり面.JPG  三角駐車場.JPG

裏側.JPG  集めた草.JPG


作業終了後.JPG

作業終了後、みんなで記念写真カメラ   お疲れ様でした〜exclamationexclamation

posted by 東広島市社協 at 16:57| 在宅福祉課スタッフより

2015年02月20日

平成26年度第3回権利擁護セミナーを開催しました☆☆

2月13日に、平成26年度第3回権利擁護セミナーを開催しました晴れ
当日は、風が強く肌寒いお天気となりましたが、たくさんの地域の方や関係者の方がご参加くださり、会場は満員御礼状態となりましたわーい(嬉しい顔)
IMG_8343.JPG
今回の講師は、東京都で高齢者権利擁護支援センター・アドバイザーとして虐待対応へのスーパーバイズや研修企画、講師等の活動を主として行っておられる池田惠利子先生。とてもパワフルで笑顔の素敵な先生でしたかわいいかわいい
講義の内容も、ご自身が成年後見人をしておられる立場から、具体的な事例を交えて「成年後見制度」というとても難しい制度の内容をとてもわかりやすく説明してくださりました。
先生が後見人として活動していくうえで大切にしておられる「その人らしさの実現を支える」という視点は、支援者にとって本当に大切な視点だということを講義を通して改めて実感しました。
池田先生、遠いところをはるばるお越しくださり本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)

posted by 東広島市社協 at 15:30| 在宅福祉課スタッフより

2014年11月14日

社協のケアマネ大集合! 〜居宅介護支援事業所全体研修会を開催しました〜

11月13日、東広島消防局において、ケアマネジャー(介護支援専門員)の全体研修会を開催しましたグッド(上向き矢印)
テーマは「心肺蘇生法」病院 

ケアマネジャーは高齢者のご自宅を訪問する機会が多い仕事。
ということで・・・今回は、傷病者の命を救い社会復帰に導くために必要な「心肺蘇生法」の流れについて実技を交えて学びました。


まずは、消防局の職員さんから説明を聞いて・・・いよいよ実技exclamation
1.説明 (800x532).jpg

 
@まずは、周囲の安全を確認して意識があるかを確認
「もしも〜し大丈夫ですか??」
2.意識確認 (800x532).jpg
意識なし・・・がく〜(落胆した顔)


A大きな声で助けを呼び、協力してくれる人を探す
「あなたは119番通報をお願いします。意識がないことも伝えてください」
「あなたはAEDを持ってきてください。もし見つからなくても、もう一度戻ってきてください」
3.助けを (800x532).jpg



B呼吸の確認と胸骨圧迫(心臓マッサージ)
10秒くらい観察して呼吸の有無を確認。呼吸をしていなかったら・・・がく〜(落胆した顔) 胸骨圧迫を行います。

1・2・3・4・5・6・・・と声を出しながら30回(少なくとも1分間に100回のリズムで)
心臓から脳(全身)に酸素(血液)を送りますー(長音記号1)揺れるハートー(長音記号1)揺れるハートー(長音記号1)揺れるハート
4.胸骨圧迫 (800x532).jpg


C続いて人工呼吸
気道を確保して2回息を吹き込み、肺に酸素を送りますキスマーク
5.人工呼吸 (800x532).jpg


DAEDが届いたら・・・
音声ガイドに従ってパッドを取り付け、電気ショックを与えますどんっ(衝撃)
6.AED (800x532).jpg


E救急車が到着するまで心肺蘇生を継続
AED装着後は、「心電図の解析」・「AEDの指示があれば電気ショック」・「胸骨圧迫(30回)と人工呼吸(2回)」を繰り返します。
継続 (640x426).jpg



実際に実技を交えて体験でき、本当に有意義な研修会となりました。
東広島市消防局の皆さま、ありがとうございました。


住み慣れた地域での安心した生活を支えるため一生懸命頑張りますので、今後とも東広島市社協の居宅介護支援事業所をどうぞよろしくお願いいたしますわーい(嬉しい顔)
12.全体 (800x532).jpg



おまけ晴れ
7.撮影 (532x800).jpg

posted by 東広島市社協 at 12:01| 在宅福祉課スタッフより

2014年10月21日

平成26年度「福祉の職場求人説明会」開催!

職場説明会 (800x533).jpg

10月19日(日)に「福祉の職場求人説明会」を東広島市総合福祉センターにて開催しました!

求職者の福祉離れがささやかれる中、どれだけの方にきていただけるか不安でしたが、80名の方に参加をいただき、いい意味で予想外な結果となりました。
終了時間ぎりぎりまで面談を行っているブースもあり、参加施設の方からも、「いい人が来てくれそう。」とのご意見をいただきました。

開催まで何度も協議を重ね、当日の運営を行った、「福祉の職場説明会委員会」の委員の皆様と県社協の担当者様、本当にお疲れ様でした!

施設連として、これからも東広島市の社会福祉施設の活性化を目指していきます!
posted by 東広島市社協 at 18:46| 在宅福祉課スタッフより

2014年08月26日

被災地へ行ってきました

8月23日に安佐南区へボランティアに行ってきました。
在宅福祉課からも8名参加しました。

現場は想像以上に大変な状況で、土砂の除去作業が難航していました。
そんな中たくさんのボランティアさんが協力に来て下さっており、暑い中で作業を頑張っておられました。

私は土砂のため、玄関が埋まっていることろのお手伝いに行きました。
泥の中に大きな石があるため、シャベルでの除去は大変でしたが、約20名のボランティアさんと一緒に4時間余り作業に取り組み、無事に玄関周辺の土砂を取り除くことが出来ました。

家主さんご夫婦も自身が大変な中、ボランティアさんの為に飲み物や食事を用意してくださり、良い環境で作業ができたと思います。
本当にありがとうございました。

まだまだ大変な状況が続きますが、みんなの力を合わせて乗り越えていけたらと思います。
みなさんお疲れ様でした!

2.jpg
posted by 東広島市社協 at 09:41| 在宅福祉課スタッフより

2014年07月17日

職員研修会を開催! テーマは「生活困窮者支援・・・」

7月16日、午後6時30分から2時間をかけて「生活困窮者自立支援制度に向けた職員研修会」を開催しましたexclamation

昨年12月の国会で成立した「生活困窮者自立支援法」が、平成27年4月から全国でスタートします。
事業運営のカタチは、東広島市が中心となってこれから検討されますが、社協事業との関わりもたくさんあるので・・・「まずは制度のことを知ろう!」ということで、このたびの研修を企画しました。

研修では、広島県社会福祉協議会 民生課の伊藤竜也さんから制度の概要と社協事業との関わりについてご講演
IMG_8264 (1280x853).jpg

事例も交えながら、とてもわかりやすくご講演いただきましたわーい(嬉しい顔)
IMG_8256 (1280x853).jpg

次いで、在宅福祉課の置課長から今年度の取り組み予定について説明
IMG_8274 (1280x853).jpg


「社協として何ができるか・・・」今年一年かけて”オール東広島市社協”で考えていきたいと思いますひらめき


posted by 東広島市社協 at 12:59| 在宅福祉課スタッフより

2014年06月16日

西条南地域在宅高齢者見守り協力員研修が始まりました!!

こんにちはexclamation
6月から西条南地域の在宅高齢者見守り協力員研修が始まりました。
全4地区のうち、先週までに郷田地区と御薗宇地区で行われました。

郷田地区からは、見守り協力員の説明と寸劇の様子をお届けしますわーい(嬉しい顔)
説明.jpg
「協力員さんって何してるの?」の説明をチラシを使って説明した後、寸劇でも説明しました。

劇2.jpg 劇3.jpg
個性豊かな高齢者との掛け合いに、吹き出すこともわーい(嬉しい顔)

御薗宇地区からは、全体の雰囲気とグループワークの様子をお届けしますわーい(嬉しい顔)
全体図.jpg
なんと38名の民生委員さん・見守り協力員さんが参加してくださいましたexclamation×2
大ホール めいっぱいですあせあせ(飛び散る汗)

グループ.jpg グループ2.jpg
5グループに分かれて、自分たちでできる見守りについて話し合い、発表しましたカラオケ

今までに民生委員や見守り協力員を経験されている方から
「顔を知ってもらうのが一番!」「ゴミ出しで話すのもいい手よ」などアドバイスももらい、
新しい協力員さんと一緒に、うんうんと頷きながら聞き入ってました耳

三永地区、板城地区も張り切って行いますぴかぴか(新しい)
多分、寸劇もどんどん上手になってわかりやすくなる手(チョキ)・・・はずですドコモポイント
posted by 東広島市社協 at 10:40| 在宅福祉課スタッフより