2020年03月24日

男子の役割・・

 こんにちは。黒瀬支所のアイです。
 最近、楽しい話題がないのでクイズを出題してみます。

 ジャジャン! さて、この2人は、いったい何をしているのでしょうか?
 @座って遊んでいる。 A片づけをしている。 B黒瀬町の感染症対策について「真剣に」議論している。

 DSC_1199[1].JPG

  @の「座って遊んでいる」と答えたあなた! 惜しい!!(いや、むしろ半分当たり!?)
  実は、この2人は、センター入口に飾ってあった7段飾りの雛人形を片付けてくれています。

  黒瀬支所では、センターに季節感を出すために色々な飾りをしています。
  3月も終わるということで、ひな人形は丁寧に片づけられました。
  DSC_1201[1].JPG
  そして、新たに「五月人形」を設置。
  
  節分、ひな人形、五月人形、ハロウィン、クリスマス・・
  力仕事が多いので、代々、黒瀬支所の男子が担ってくれます。

  いつもありがとう!
  
posted by 東広島市社協 at 12:43| 黒瀬支所スタッフより

2020年03月19日

春の便り・・

 おはようございます。
 黒瀬支所のアイです。

 今朝、出勤途中に見かけた春の便りです。

 センター近くの土手で見つけました。
 一昨日はなかったので、昨日かな?

 DSC_1154[1].JPG

 ちょっと嬉しくなって写真を撮りました。

posted by 東広島市社協 at 08:19| 黒瀬支所スタッフより

2020年03月18日

黒瀬版DVD出来ました!!

 こんにちは。
 黒瀬支所のアイです。

 以前、ご紹介していた「黒瀬版100歳体操DVD」が完成しました!

 昨年度、「黒瀬おたすけマップ」を作成した際に、『訪問する店や会社の方の顔が分かると
もっと安心して電話できるよね。』
 という話から、黒瀬商工会青年部さんが中心となって作成してくださいました。

 みなさん、とってもいい顔で撮影に協力してくださっています。
 黒瀬のご高齢の方には馴染みのある(であろう)『黒瀬音頭』も音楽で使ってみました。

 DSC_1158[1].JPG

 早く、町内の通いの場にお配りしたいなぁとウズウズ。

 サロンや通いの場の再開を心待ちにしています。

posted by 東広島市社協 at 00:00| 黒瀬支所スタッフより

2020年03月16日

この頃の流行り・・

 こんにちは。
 黒瀬支所のアイです。

 この頃の流行の影響で、今月は色々と自粛が行われています。
 当然、早く収束するための対応策で、流行の拡大を防ぐためには致し方ないことも承知しております。

 自粛の波に乗り、我が娘たちの卒業式も学位認定式も中止。
 入社式も全体研修も中止になりました。

 20080312IMGP1574.JPG
 我が子のことは、大したことではないのですが、
 それよりも、ずっと気になっていることがあります。

 毎週、開催されていた100歳体操、サロン、老人クラブなど。
 これまで集っていた場所に通えなくなった高齢者の多くが
 買い物等も含めた外出をできるだけ控えられています。

 『閉じこもりを防止し、筋力作り、フレイル予防!』と、呼びかけてきた立場としては、
 自粛の波が去った後の高齢者の皆さんの身体機能が衰えていないか、非常に心配です。

 感染拡大防止と両輪で今、対策としてできること。
 何か無いだろうかと思案中です。

 何かいい案があれば教えてください。

 早く、この異常な状況が収束しますように。
posted by 東広島市社協 at 12:57| 黒瀬支所スタッフより

2020年03月12日

いわくに消防防災センターで体験!

 こんにちは。
 黒瀬支所のアイです。

 2月18日、地区社協の研修で「いわくに消防防災センター」に行きました。
 ここでは、シアターでの防災知識の再確認と、3つの体験「初期消火」「地震」「煙避難」ができます。
 DSC_1032.JPG

 シアターで、洪水の際に車での避難時の注意点や、地震・津波・火災・豪雨・災害時の備蓄等について映像を見て学びます。
 DSC_1002.JPG DSC_1000.JPG

 煙避難体験では、室内に煙が充満し、火災による停電で真っ暗な中で出口までの避難を体験。
 DSC_1013.JPG DSC_1014.JPG 
  ↑ 部屋に無害な煙が充満してきます。       ↑ 停電状態。身体を低くして出口を探します。

  室内で、水消火器を使った初期消火体験。
  消火器は、15秒程度しか噴霧できないってご存じですか?
 DSC_1006.JPG 
 なかなか火元に水を当てるのは難しいです。「初めて消火器持った。」と言われた方も。

 DSC_1022.JPG DSC_1026.JPG
 地震体験。震度3、震度5弱、震度6強、東日本大震災レベルと強い揺れを体感。


 いくら訓練しても、備えていても、災害等の緊急時には慌ててしまうもの。
 いい体験をさせてもらいました。今後の仕事にも活かしたいと思います。

 DSC_1034.JPG 岩国ずしもおいしかったです(^^♪ 



posted by 東広島市社協 at 18:22| 黒瀬支所スタッフより

2020年03月06日

休校になる前の話。

 こんにちは。
 黒瀬支所のアイです。

 感染症防止対策で色々な行事が中止になる前のことですが、
今年も黒瀬中学校で2月21日に認サポの授業をさせてもらいました。

 1年生167名、協力くださった地域の方と福祉・医療関係職は合計で30名。

 黒瀬では、平成28年度から全小学校での認サポを開始しているので、
今年の1年生から、小学校の時に1度受講したことのある子たちがいます。

 黒瀬地域の高齢化や病気について学んだあとに、若年性認知症について学んでもらいました。 



 DSC_1057[1].JPG DSC_1066[1].JPG

 グループに1人ずつ地域の方が入って、グループワーク。
 DSC_1062.JPG IMG_9439.JPG

 お題は「困っている人を見かけたら自分ならどうしますか?」

 「どうしましたか?と、優しく声をかけ、話を聞く。」
 「家が分かれば連れて帰ってあげる。」
 「近くの大人の人に相談する。」などなど。色々な意見をみんな積極的に発表してくれました。


 答えに正解はありません。
 まずは自分自身が、自分の周りの人の困りごとに気づくことが大切。
 その後の対応は「大人に相談」でも大丈夫です。

 でもね。
 自分が困った時も、ひとりで抱えず、誰かに相談できる人になってほしいと思うのです。

 DSC_1081.JPG 
 小学生の時と変わらない笑顔の黒中1年生。元気いっぱいでした。
 地域の皆様もご協力ありがとうございました。

 今年の認サポは、これが最後でした。
 また、来年お邪魔します。

 早く、普通に学校が再開されますように・・。


posted by 東広島市社協 at 00:00| 黒瀬支所スタッフより

2020年02月27日

ご無沙汰しています。

 黒瀬支所のアイです。

 2月・・ネタはいっぱいあったのに、アップできませんでした。
 ごめんなさい。

 ・・ということで、過去ネタですがアップします。


 みなさん「地域支え合いセンター」って、ご存じですか?
 平成30年の豪雨災害で被災された世帯のサポートをしているセンターです。 
 東広島市では、センターの相談員と地域福祉担当者が連携してサポートを続けています。

 2月12日、広島市内で県内の担当職員等が集まる研修会がありました。
 研修会では、安芸津支所の生活支援コーディネーターとセンター相談員が取り組み事例を報告しました。

 DSC_0994[1].JPG ちょっと緊張気味です。

 被災後、孤立しておられた高齢者の方が、地域で役割を見つけ居場所ができた事例でした。
 発災から1年半以上、付かず離れずの丁寧な関わりを持ち続けた担当者の姿が見える報告でした。

 DSC_0992[1].JPG
 発表、良かったです。
 私も負けないように頑張ります!






posted by 東広島市社協 at 19:49| 黒瀬支所スタッフより

2020年02月06日

木曜日は楽し。

  こんにちは。
 黒瀬支所のアイです。

 最近のお茶の間サロンの様子を掲載します。

 先日、藁ぞうりを編んでみました。
 DSC_0843.JPG DSC_0841.JPG
 よく顔を出す学生が「体験したことがない」という言葉がきっかけでしたが、実は、先生も私も未体験。

 シートに藁を置いたら、サロンの参加者も、裸足になって本気モード全開!!! 
 DSC_0839.JPG
 「こぉやって、手の縁でこすりながら、ねじるんよ。」
 藁を用意してくださった、参加者さんが、学生に指導されていました。


 後日、ご家族に話を伺うと
 「そうなんよ。学生さんに教えるんだと言って、家で藁ぞうりの作り方を予習してましたよ。
 本家に藁までもらいに行って家中が藁だらけで、ワヤじゃったんよ。」とのこと。

 家がワヤ状態。は・・・まぁ置いといて。(ご家族さん、ごめんね。)

 サロンに参加するだけでなく、その中で自分の役割があるということは、素敵です。
 また、こっそり「予習」されていた、その姿を思い浮かべるとなんだか愛おしくなりますね。

 こんなことが、普通にある
 木曜日は楽しい「やまぶき」の日です。 



  





posted by 東広島市社協 at 00:00| 黒瀬支所スタッフより

2020年02月05日

1月の黒瀬オレンジ会

こんにちは。
黒瀬支所のアイです。

「黒瀬オレンジ会」は、奇数月の最終金曜日の夜に開催しています。
会では、認知症に関する様々な取り組みについての協議を行っていますが、
1月は協議の前に『ケアラー支援』についての学びを深めました。

『ケアラー』って言葉ご存じですか?

『ケアラー』とは、
心や体に不調のある人への「介護」「看病」「療育」「世話」「気遣い」など、
ケアの必要な人家族や近親者・友人・知人などを無償でケアする人たちのことです。

 DSC_0972[1].JPG
 障害のある子を養育する家族や、家族の介護をする人。
 引きこもりの子をずっと気にかけている親。など
 「ケアされる人」ではなく「ケアする(している)人」を支援するという考え方です。

 DSC_0984[1].JPG

 日本の良い文化でもある「家族制度」は、「家庭(家族)内での支援」を美徳とする風潮があります。
 その在り方を否定するものではありませんが、家族形態が縮小し、大きく変化している中で
「支える人」を「支えられる人(地域)」があれば、もっと生きやすい地域になると思います。

 黒瀬は『一人で頑張りすぎない』『孤立させない地域づくり』地域共生社会を進めます。


 頑張りすぎて苦しんでいる方、話を聞いてほしい方、誰に相談すればいいかわからない方など、
 遠慮なく、社会福祉協議会へご連絡ください。



続きを読む
posted by 東広島市社協 at 13:40| 黒瀬支所スタッフより

2020年02月03日

小学校コンプリート!

 こんにちは。
 黒瀬支所のアイです。

 今年度、黒瀬町内の小学校最後の「認知症サポーター養成講座」を板城西小学校で開催しました。
 今年の3年生は、5名です。

 施設職員さん扮する「認知症のおばあさん」に、どう声掛するか。
 児童だけでなく、保護者や先生も熱演してくださいました。

 DSCPDC_0001_BURST20200128143659423_COVER[1].JPG

 「5人だからできる授業ね」と元教員の主任児童委員さんが笑っておられました。

 小学校での授業は、これでコンプリートです。
 また来年度、新3年生と学ぶのを楽しみにしています。

 頼むよ!板城西っ子★
posted by 東広島市社協 at 00:00| 黒瀬支所スタッフより